万年学生日記 of 1994

YOUTH RECORDS/factory 1994運営者による、日々の記、または文章の練習。
HOW DO YOU FEEL?
0
    JUGEMテーマ:日記・一般




    四月に成った。

    先月の刻まれたドトーサイクルも少し落ち着いて来た。

    先月3月、印象深いライブを二本観た。

    ずっと一緒に仕事をしてきたThe Saloversの最後のライブ。
    カラリとした感傷を残さないライブだった。
    これまでで彼らのライブの中でベストライブだったと思う。

    彼らの魅力は、無駄に血が滾っていて、思い込みが激しくて、いつも苛ついてて、
    バカバカしくて(本人は糞真面目にやっているのだが)
    雑で、臆病で、空回りで....言ってみりゃ、青春のドキュメンタリーだった。

    エンタメの要素なんてまるでない、丸裸のまんまの活動履歴だったと思う。

    其処に生まれる、可愛らしさよ。

    好きなバンドだった。
    彼らとつくったMVやCDJKTや音源は、僕の中でもかけがえの無い宝物です。

    最後に千客万来というMVを作りました。



    最後のMVだからって、

    「みんなこれまでありがとうさようなら」感の演出なんてしないで、

    これまで通りのSaloversらしさを大事にして終わろうぜ、
    なんてことをフルくんと話した記憶がある。

    The Saloversよ、またな、と言おう。



    それと、サニーデイサービスの渋谷公会堂で行われたライブ。

    サニーデイは、それこそ僕の青春の象徴なので、
    とても一言では語り尽くせない想いが其処にはある。

    サポートメンバーを付けずに、メンバー三人だけで奏でられる
    緩急込めた♪の数々を、ただただ唾を飲み込みながら
    見つめている2時間ちょっとだった。
    とても神聖な時間だった。


    「若者たち」のレコードも、勿論買ったよ。

    其の後、中野に移動して、サニーデイフリークスである
    GUG松本素生くん、エレキコミックやっつん、
    山形から来ていた学生時代の僕の同居人の山ちゃん、
    あだっちゃん、僕の妻とで、サニーデイサービス談義。

    放送したいくらいの濃い内容だったんだよ。

    素敵な時間をありがとう、と曽我部さんと晴茂さんと田中さんに言いたいです。
    否、言います。



    今日はもう出なくちゃいけないから、ここまでの駄文にしておきますが、
    これからはちゃんと、日記をつけていこう。

    いつか、忘れ去られてしまうものの為に。








    | 庄司信也 | - | 15:38 | - | - | - | - |
    ヒステリックイタリックメタリックぶるー
    0
      JUGEMテーマ:日記・一般


      今年に入ってから慌ただしい毎日で、気づいたら3月の下旬になっていた。
      何年か、なんとなく続けているこの日記も、随分とおざなり状態になってしまっている。

      久しぶりの投稿で、何を書いたら良いのか些か戸惑っている様だ。

      放っておくと、やり方を忘れてしまうね。

      永かった東京の冬も、エピローグを迎え、新しい季節の匂いがこの身に
      纏わりついてきている。

      春は、とても良い季節だ。

      なにしろ暖かな陽気が広がり、ココロもいつもより
      大らかになれる様な気がする。

      ドライブしながらカーステでお気に入りのCDなんか掛けて
      見知らぬ広い原っぱ辺りでシートを広げ、昼寝なんかして
      本の一冊でも読みたい気持ちだ。

      なんてことを夢想しながらも、夜の帳が降りてくると、
      街へ繰り出し、赤提灯の誘惑に負けて、今日も何処かで
      チューハイを啜っているのが関の山/現実、ってなもんで。

      まあ、それはそれとして。


      最近は新しい素敵な出会いがいくつかあった。

      色々と企みを膨らませている最中で、
      最終的にそれらの出会いが何かしらの
      結果が出るといいなと思っている。


      東京に出て来て、18年。

      色んな人と出会って、袂を分かつ日もあって、
      今日まで生きて来ています。

      建物ではなく、人が街を作るように、人生や生活も出逢えた人たちで、
      如何様にも変化が付いている気がします。
      時期やタイミングに寄っては、良い出会いも、
      そうでないことも。

      先日、高田馬場の改札口で偶然、小中学生の時の同級生とすれ違った。
      お互いにその瞬間、

      「あれ、この人.....。」

      みたいな顔をしてさ。

      違う高校に進学して以来、彼と会うことはなかったから、
      最早20年ぶりくらいの再会だった。

      彼もそうだと思うが、中学生のときの記憶で止まっているので、
      あの頃のままの彼しか僕は知らない。

      36歳になった今でも、彼の姿形はあのころのまんまで吃驚した。

      少しヤンチャなイメージだったが、
      話してみるとその中身は穏やかになっていて、
      受け答えがすっかり大人になっていた。
      今はコックさんとして腕を奮っているらしい。

      彼からしてみれば、僕の見た目は随分と変わって見えただろうなあ。

      連絡先を交換して、近日中にお酒でも、と言い合って別れた。

      再会も、出会いのひとつだな、なんて少しだけ笑って帰路に就いた。














      | 庄司信也 | - | 14:08 | - | - | - | - |
      いでくんのこと
      0
        JUGEMテーマ:日記・一般


        皆さん、ご無沙汰してます。
        最近鬼忙しくて、全く更新出来ていませんでした。
        もう!インスタばっかりやって!的なお声が降り掛かって来てますが、
        手前味噌的info.をさせてください。







        いよいよ明後日2/28(土)より、弊社所属のいでたつひろ個展『ユーリカ』が開催となります。

        また、本日2/27(金)19時より、個展の開催を記念したオープニングパーティーを行います。
        絵画の制作過程を捉えたドキュメンタリー・ムービーの上映や、
        スペシャルゲストによるライブ演奏も予定しております。

        お時間ありましたら、ぜひいらしてください!






        本展は「太陽と星空のサーカス」を手掛ける“太陽と星空LLP”と、
        弊社クリエイティブ・スタジオ“FACTORY1994”との共催になります。

        タイトルである『ユーリカ』は、“私は見つけた” “分かった” “解けた” など、
        発見と成長を意味するもので、表現者として一つの回答を示した個展でもあります。

        「太陽と星空のサーカス」を題材に描いた絵画をはじめ、
        モノクロの海景や動物、静物を描いたアートピース約30点を展示します。
        原画販売は勿論、展示作品のうちセレクトされた数点を高い品質のジークレー(複製版画)
        として販売するほか、アーカイブのグラフィックをTシャツ、スウェット、バッグなどに
        シルクスクリーンでプリントしたオリジナルグッズの販売も行います。







        また、制作過程を捉えたドキュメンタリー・ムービーを会場にて公開。
        半月の期間を定点カメラで撮影したコマ撮り動画には、主として用いる技法、
        ドット・ペインティング(点描画)で描く いでたつひろの姿を収めています。
        繊細かつ力強い、不思議な魅力を持つこの手法を、パッケージされた作品からだけではなく、
        描かれる瞬間を垣間見ることで、更にいでたつひろの世界観や魅力を感じて頂けると思います。

        いでたつひろの魅力を余すところなく堪能できる集大成的な個展になっております。


        いでたつひろ 個展 『ユーリカ』

        ●Date&Time

        2015.2.28(sat) ▶ 3.8(sun) 12:00 - 20:00
        ※最終日は 18:00 までとなります

        ●Opening Party

        どなた様でもご入場頂けますので、是非遊びに来てくださいませ。

        2.27(fri) 19:00 - 21:00

        GUEST LIVE:あだち麗三郎 with 関口将史(cello),北原倫子(dance)
        ※入場無料

        ●Place

        www.elephant.tokyo



        僕もアレなんですが、本展にいでくんと親交の深い方々からメッセージを頂きました。

        | 庄司信也 | - | 11:08 | - | - | - | - |
        新潟ダイナー
        0
          JUGEMテーマ:日記・一般




          新潟でダイナーを行います!
          2/1の日曜日☆

          地元のフェイズ、白倉さんたちと!

          愉しい夕べになるといいなあ。

          ダンス!ダンス!!ダンス!!!というより
          美味いお酒が飲める様なフィーリングでキメたいと思います!

          冬の北陸、久々だ!
          近郊の方も是非!
          | 庄司信也 | - | 10:20 | - | - | - | - |
          ココロの素人であれ
          0
            JUGEMテーマ:日記・一般


            知ること、知っていること。

            同じ様な言葉でも、全然意味合いが異なる。

            なにかひとつのことを知っている人。
            こういう人は、とても頼りになる。

            僕の様な仕事をしていても、そういった方を頼るし、
            頼られたりもする。

            20代のころは、いろんなことを知っている男になりたかった。
            いや、今でもときどきそうだ。

            其の道のマスターになることが偉いことだと思っていた。

            が。

            知っているが故に、その培った道のりがあるが故に
            枠や型から逃れられない権威的思考に陥ってしまいがちになることに
            30代に入って、実感した。

            型が無い方が、自由な発想でいられる。

            特に最近思うこと、魅かれることは、いかにアマチュアでいれるか、
            素人で在れるか、純度を保てるか、そういうことのほうが
            自分の居場所にとって有効であることだな、と思う様になった。

            これまで身につけていたものをどれだけ捨てれるか。
            そしてどこまで遠くへ行けるか。

            もはやプロである、ということは、
            今の僕個人にとってはなんの価値もない言葉になってしまった。

            ....なんてこと言ったら大袈裟だけど、
            いつだってなにかを革新するのは素人で、
            そのなにかを作り上げて行くのは玄人である.....。


            しかし....、そうはいってもアマチュアのままで
            在り続け生きるのは、とても険しく困難な道である.....。







            | 庄司信也 | - | 15:55 | - | - | - | - |
            ほしいもの自体が、ほしい
            0
              JUGEMテーマ:日記・一般


              新年を迎えてから一週間経った。

              ありがたいことに、やることが沢山ある。

              10月のandymoriの解散、昨年末の夜明ケマエの解散で、
              ウチのレーベル内で現存するバンドは居なくなってしまった。

              友達や家族たちから心配してもらっているのだが、
              こればっかりは、本当に良いなとか好きだな、とか
              思えないと始まらないところなので、焦っていても仕方が無い。

              結婚相手を急いで見つけたって仕様がないのと同じ。

              とはいえ、アンテナは常に張っておかないと。
              出歩かなければ出会いは訪れないのだろうし。


              またイチから始めることにするさ。


              そうなると俄然僕を駆り立てるのは、外部から頂く
              お仕事である。

              あれもこれもとあるのであるが、頭と身体はひとつなので、
              どれもひとつひとつ丁寧に取り組もうと思う。

              うーん、大人になった、僕。

              結婚してから4年の月日が経ったのだが、
              日常で変わったことと言えば、以前より
              テレビを観ることだ。
              独身時代は全くと言って良いほどテレビを
              観ていなかった。
              日中は音楽漬け、夜は自宅で映画鑑賞、というのが
              僕の日常であったのだ。

              こうしてる今も、パソコンのキーを叩きながら、
              資料に目を通しながら、そう、ながら、の際は
              そのときに聴きたい音楽を掛けて過ごしている。

              いまはレゲエ歌手のヒュー・マンデルの
              アフリカ・マスト・ビー・フリー・バイ・1983の
              DUB盤を聴いています。
              プリンス・ジャミーとオーガスタス・パブロの作品。
              シンプルでドープでタフ。

              そんなふうに過ごしていると、夜は目に色が欲しくなっている。
              子供たちがつける番組をただ眺めている程度なのだが、
              それはそれで自分のチョイスするチャンネルではないから
              色んな発見がある。面白いものです。

              子たちが寝静まった後に自分の好きな番組を観たりするのだが、
              これがまたNHKの番組ばかり。
              こういうときに、年取ったなーと感じます。

              おもしろい、の意味合いが
              興味深い、に変わって来ているのです。
              ドリフ的な面白さ、元気が出るテレビ的な面白さも
              勿論求めているのですが、バラエティ、所謂笑いの羅列が
              多過ぎて、疲れるw

              でも笑うことは大事ですけれども。

              年末年始に見た番組でココロに残っているのが、
              BSでやっていた、はっぴいえんどの特番と
              NHKドキュメント72時間の特番だ。

              とても良い時間だった。

              ドキュメント72時間はとてもいい番組なので、
              是非皆さんも観てもらいたいです。
              エンディングテーマになっている
              松崎ナオさんの川べりの家という曲が
              大好きになった。



              歌詞、メロディ、旋律が沁む〜。


              ↓ こちらが年末にやっていた特番。(視聴者リクエストランキング的年間総集編)御時間在れば、是非。





              ラッキーなことにインフルや風邪やノロとかに
              掛からず元気に過ごせているので、助かっている。


              今月はお酒の誘いも多いし、やらなきゃいけないこともたくさんあるので、
              大いにカマしていきたい。









              | 庄司信也 | - | 16:21 | - | - | - | - |
              2015
              0
                JUGEMテーマ:日記・一般


                新年、あけましておめでとうございます。
                今年も皆様、宜しくお願い致します。

                旧年は何かと色々ありましたが、本年からまた
                イチからやり直していく所存です。

                皆様にとって幸多き年になりますように。






                年末年始は実家のある山形に帰っていた。
                田舎の食べ物は何処か土の味、地球の味がするからか、
                お通じのリズムが何しろ、良い。

                お正月ですから、くっちゃねくっちゃねしているので、
                まるで養豚場のような生活。

                これは新年早々ダイエットに勤しまなければならないであろう。
                残念だが、そういうことだ。















































                | 庄司信也 | - | 03:26 | - | - | - | - |
                夜明ケマエを応援して頂いている皆様へ
                0
                  JUGEMテーマ:日記・一般


                  年末の慌ただしい中、失礼致します。

                  弊社YOUTH RECORDS所属のバンド、夜明ケマエより
                  いつも応援頂いている皆様にご報告があります。



                  夜明ケマエを応援してくださっている皆様へのお知らせ



                  此の度、夜明ケマエは、本日2014年12月22日をもちまして解散することとなりました。
                  メンバー同士、何度も話し合いを続けて来ましたが、
                  それぞれの理由により同じ思いで音楽活動を続けることが困難となりました。
                  皆様には突然のお知らせとなってしまい、申し訳ございません。
                  今後はそれぞれの道を歩んでいくことになります。
                  これまで夜明ケマエを応援し、支えてきてくださったファンの皆様
                  そして関係者の皆様には、メンバー・スタッフ一同、心より感謝申し上げます。





                  夜明ケマエメンバー一同/youth records









                  これからのバンドだ、という思いで活動してまいりましたが、
                  こういった事の次第を皆様にご報告しなければいけないのが至極残念な気持ちです。

                  メンバーの中には音楽を続けていく者もおりますので、
                  どうぞ暖かい目で見守って頂ければ幸いです。
                  ありがとうございました。

                  | 庄司信也 | - | 17:22 | - | - | - | - |
                  サングラスの蕪村
                  0
                    JUGEMテーマ:日記・一般





                    December。

                    足早に矢継ぎ早に、毎日は暮れ往きます。
                    去年のご挨拶から早くも1年の月日が経とうとしております。
                    このタイム感、なんつーことでしょう。
                    今年も色々とビッグイベント的なアングル多数、でしたが
                    おかげさまで、こうして無事に皆様へご挨拶させて頂くことが出来ております。
                    今年一年、大変お世話になりました。

                    僭越ながら、昨年配信させて頂いた、
                    フリーダウンロードMIX音源が御好評頂きましたので
                    今年もご挨拶と共にあれば、ということで実施致した次第です。
                    是非ダウンロードしてくださいませ。
                    クリスマス/年末のBGMにしてやってくださいませ。

                    D.L.はコチラです。

                    来年も皆様とナイスなお仕事、ショーもないおしゃべり、
                    美味しいお酒の席をご一緒できることを祈りつつ、
                    メリークリスマス&ハッピーニューイヤー。
                    どうか健やかなる、素敵な冬の日々を御過ごしくださいませ。



                    Youth Records / FACTORY1994 庄司信也・拝
                    | 庄司信也 | - | 17:08 | - | - | - | - |
                    燃え尽きなければ、輝けない
                    0
                      JUGEMテーマ:日記・一般


                      気がつけばすっかり年の瀬だ。

                      良く言われていることだが、30歳を過ぎた頃から
                      毎日の時間の進みが早い、と。

                      まさにそれは実感で、ゆっくりと時を感じることなく
                      今に至っている。

                      例えば家族や仲間達とお酒のひとつでも呑みながら
                      ゆっくりとした時間を、なんて宴を催しても、
                      そういう楽しい時間はアッ!と云う間で。

                      これまた気づけば午前様、朝までコース、といった運びで
                      経った時間よりも短く感じてしまうのである。

                      小学生の頃の6年間は長かった。
                      中学だって高校だって、流れは遅く感じた。

                      もしかしたら校則や親に守られている環境下だと
                      そう感じるのだろうか。


                      いつも年末はクリスマスや大晦日、お正月へと
                      浮き足立つムードを持っていたが、
                      ココ何年は、年末が怖いんです。

                      好きだなと自分が感じている方々が
                      この時期に急逝していくからである。

                      先頃の報道でもそれが解る様に、
                      じんわりと昭和の象徴とも言える方々が
                      いなくなってゆく。

                      もちろん、生きることは死ぬことと
                      同義語であるからにして、致し方ないのであるが、
                      あまりにも其の様が急ぎ足、まるで何かに導かれるが如く
                      吸い込まれて行くので、怖いんです。


                      インフルエンザの猛威もありますからね。。


                      皆さんも、身体にはご自愛ください。


                      .....なんかじじむさい日記になったな.....。





                      | 庄司信也 | - | 15:42 | - | - | - | - |
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << April 2015 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE