万年学生日記 of 1994

YOUTH RECORDS/factory 1994運営者による、日々の記、または文章の練習。
デラウェア
0
    JUGEMテーマ:日記・一般




    10月15日(水)日本武道館「andymori ラストライブ」の
    チケット先行受付に6万をこえる応募があった為、
    急遽、追加席(全席指定)、およびステージサイド席を解放し、
    オフィシャルサイト2次抽選先行受付を開始!


    デビュー6周年の記念日である10月8日(水)に、未発表新曲も含むandymori復活〜最後の夏を記録した
    ライブ&ドキュメンタリーDVD『ひこうき雲と夏の音』リリース!
    先日公開されたSPOTに続き、DISC-2に収録のライブ&ドキュメンタリー映像を使用した
    第二弾SPOTをオフィシャルYouTubeにて公開。


    10月15日(水)日本武道館「andymori ラストライブ」。
    (詳しくはオフィシャルサイトに公開中のオフィシャルコメントをご参照下さい。http://andymori.com/ )

    そのオフィシャルサイトでのチケット抽選先行受付に6万をこえる応募があった為、
    急遽、追加席(全席指定)、およびステージサイド席を解放し、
    本日、9月11日(木)12時 〜 9月15日(月・祝)23時までオフィシャルサイトにて
    2次抽選先行受付をおこなうことが決定しました。
    異例の展開となった最初で最後のandymoriの日本武道館での解散ライブをぜひ見届けてください。


    そして、4th LIVE DVD「ひこうき雲と夏の音」
    デビュー6周年の記念日である10月8日(水)に発売決定!
    2014年7月〜8月にかけて2本のワンマンライブ
    「andymori ワンマン ひこうき雲と夏の音」
    および4本のイベントライブを行ったandymori。
    1年に及ぶ療養からの復活劇にして、andymoriとして
    最後の夏となった この貴重な期間を記録した
    ライブ&ドキュメンタリーDVD『ひこうき雲と夏の音』を、
    10月8日(水)に発売することが決定しました! 
    なお、10月8日は、彼らが2008年10月8日に
    EP『アンディとロックとベンガルトラとウィスキー』を
    リリースしデビューしてから満6年となる記念日に当たります。

    andymoriにとって4作目のLIVE DVDとなる今回の作品は2枚組になります。
    まずDISC-1は、andymoriの歴史の中でもベストライブだという声も
    数多く寄せられた7月27日(日) Zepp Tokyoでの
    「andymori ワンマン ひこうき雲と夏の音」の
    模様を記録したライブDVD。このワンマンのために作られた
    未発表の新曲「おいでよ」や、音源化されていない楽曲「Sunny Side Diary」を含め、
    この日演奏されたすべての楽曲をノーカットで収録します。
    そしてDISC-2は、7月21日(月・祝)大阪城野外音楽堂での
    復活ライブから8月29日(金)「SWEET LOVE SHOWER 2014」
    までのライブ映像を中心に、リハやバックステージ等のオフショット映像も交えながらandymoriの最後の夏を記録したライブ&ドキュメンタ リーDVDです。

    このDISC-2には、SWEET LOVE SHOWERで初披露された
    更なる新曲「それでも夜は星を連れて」も収録。
    また、DVDのジャケット写真はメンバーの撮影によるもの。
    2014年8月某日に小山田、藤原、岡山で海に行き、
    自分達の手で砂浜に作ったオブジェを撮影しました。併せてお楽しみくださいませ。
    先日公開されたSPOTに続き、
    DISC-2に収録のライブ&ドキュメンタリー映像を使用した第二弾SPOTをオフィシャルYouTubeにて公開してます。



    | 庄司信也 | - | 15:58 | - | - | - | - |
    unfinished
    0
      JUGEMテーマ:日記・一般





















      pix by トヤマタクロウ
      | 庄司信也 | - | 21:47 | - | - | - | - |
      スプライト!/グッドデイサンシャイン、リリース!
      0
        JUGEMテーマ:日記・一般







        タワーレコード限定盤 両A面シングル
        夜明ケマエ「スプライト!/ グッドデイサンシャイン」
        10月8日(水)リリース決定!


        「誰もが、一聴でヤラれる。しかも必ず!」

        デビュー作「スーベニアEP」リリースから半年。
        退屈で鬱陶しい日本の音楽シーンに風穴をブチ空けるべく、
        夜明ケマエが、他の追撃を許さない眩しすぎる大傑作2曲を両A面シングルで投下。
        1,000枚限定&メンバー直筆シリアルナンバー付き!

        眩いばかりの光を纏った、音像とメロディの交差点。
        聴いた瞬間、見えない力でその場所に立たされることになる。
        ソングライター/メロディーメイカーとしての星 秀平が爆発している「スプライト!」は
        バンドの最重要曲として、必ずあなたの記憶に焼き付く筈だ。

        ここではない何処かへ。時間でも居場所でも心の在処でも。
        若い魂は、いつもそう切望しながら朝焼けを迎える。
        焦燥や悲しみを抱えたポップソング「グッドデイサンシャイン」はそれらを乗っけてどこまでも疾走し、
        きっとあなたの心の深部を揺さぶり、少しだけ愉快にさせるだろう。




        夜明ケマエの公式Twitterアカウントを作りました。
        ライブ情報や最新ニュースをアナウンス致します。



        夜明ケマエ オフィシャルウェブサイト リニューアルしました!



        タワーレコード限定盤 両A面シングル
        夜明ケマエ「スプライト!/ グッドデイサンシャイン」
        10月8日(水)リリース決定!!


        夜明ケマエ「スプライト!/ グッドデイサンシャイン」の
        Short Ver.がSoundCloudにてご試聴いただけます!

        | 庄司信也 | - | 00:34 | - | - | - | - |
        すごい速さで夏は過ぎましたが....
        0
          JUGEMテーマ:日記・一般


          一旦戻ってくることになりました。

          この一報を得ていろんな気持ちの皆様がいらっしゃると思いますが、
          機会がありましたら、是非最後のライブ、観に来て聴きに来てください。

          まだandymoriの夏は終わらないようです。







          | 庄司信也 | - | 19:31 | - | - | - | - |
          押忍
          0
            JUGEMテーマ:日記・一般







            4th LIVE DVD「ひこうき雲と夏の音」
            デビュー6周年の記念日である10.08(水) に発売決定!


            2014年7月〜8月にかけて2本のワンマンライブ
            「andymori ワンマン ひこうき雲と夏の音」および4本のイベントライブを行ったandymori。
            1年に及ぶ療養からの復活劇にして、andymoriとして最後の夏となった
            この貴重な期間を記録したライブ&ドキュメンタリーDVD『ひこうき雲と夏の音』を、
            10月8日(水)に発売することが決定しました! 
            なお、10月8日は、彼らが2008年10月8日に
            EP『アンディとロックとベンガルトラとウィスキー』をリリースし
            デビューしてから満6年となる記念日に当たります。

            andymoriにとって4作目のLIVE DVDとなる今回の作品は2枚組になります。
            DISC-1は、andymoriの歴史の中でもベストライブだという声も
            数多く寄せられた7月27日(日)Zepp Tokyoでの

            「andymori ワンマン ひこうき雲と夏の音」

            の模様を記録したライブDVD。
            このワンマンのために作られた未発表の新曲「おいでよ」や、
            音源化されていない楽曲「Sunny Side Diary」を含め、
            この日演奏されたすべての楽曲をノーカットで収録します。
            そしてDISC-2は、7月21日(月・祝)大阪城野外音楽堂での
            復活ライブから8月29日(金)「SWEET LOVE SHOWER 2014」までの
            ライブ映像を中心に、リハやバックステージ等のオフショット映像も交えながら
            andymoriの最後の夏を記録したライブ&ドキュメンタリーDVDです。
            このDISC-2には、SWEET LOVE SHOWERで初披露された更なる
            新曲「それでも夜は星を連れて」の収録も予定しております。

            また、DVDのジャケット写真はメンバーの撮影によるもの。
            2014年8月某日に小山田、藤原、岡山で海に行き、
            自分達の手で砂浜に作ったオブジェを撮影しました。併せてお楽しみくださいませ。


            | 庄司信也 | - | 12:10 | - | - | - | - |
            もう一丁。
            0
              JUGEMテーマ:日記・一般




              andymoriを応援して頂いてる皆様へ。

              2014年8月29日(金)、SWEET LOVE SHOWER 2014での
              ステージをラストライブに解散する予定でおりましたandymoriですが、
              まさにそのステージ上において、
              突如メンバーから

              「もう一回、ライブをやろう」

              という発言が飛び出し、終演後に協議した結果、
              andymoriとしてもう一本ライヴを行うことを急遽決定いたしました。


              日程は10月15日(水)、会場は日本武道館です。

              「ラストライブをもう一度行う」

              ということは異例のことですが、
              バンド最後となるはずのライブで演奏している最中に、
              小山田壮平の中に

              「もう一回だけライブをやりたい」

              という強い想いが湧き上がり、
              その想いがそのままアンコール中盤・ステージ上において
              寛、健二への呼びかけとなって表れました。
              なお、藤原寛・岡山健二の両名も、小山田からの
              この提案はオーディエンスと同じくあのMCで知ったそうです。
              ふたりも驚いたようですが、その場で快諾。

              終演後、楽屋において改めてメンバーから

              「もう一度ラストライブをやりたい」

              との強い意志が伝えられ、
              スタッフで緊急協議した結果、その意志を実現させようということになりました。

              この夏、最後のライブのつもりで2本のワンマンと
              4本のイベントライブを行い、SWEET LOVE SHOWERのトリという
              大舞台も務めさせていただいた上で、さらにもう一度ラストライブを行うのであれば、
              その会場は何処がふさわしいのかーーそれはもう日本武道館しかないだろうと考えました。
              そこで29日の夜中から武道館の日程確保に向けて動き出し、
              非常に幸運なことに、10月15日(水)を押さえることができました。
              我々スタッフ一同も、これは奇跡的なことだと感じております。

              ご存知の通り、武道館公演は当初2013年9月24日に解散ライブとして予定していた公演でもあります。
              その後、様々なことがございましたし、前述したように異例の展開であることは承知しておりますが、
              andymoriというバンドを悔いなく最後までやり切るために、
              正真正銘のラストライブを武道館にて行いたいと思っております。

              この夏のandymoriのライブを最後の期間として見守っていただきましたファンの皆さま、
              支えていただきました関係者の皆さまに御礼申し上げますと共に、
              どうか、andymoriの最後の決意をご一緒に見届けていただければ幸いです。

              チケットに関しましては、本日より先行発売を開始いたします。
              詳細はオフィシャルHPのLIVEページをご覧くださいませ。

              「andymori ラストライブ」10月15日(水)日本武道館。会場でお待ちしております。





              | 庄司信也 | - | 12:00 | - | - | - | - |
              in the rain 2
              0
                JUGEMテーマ:日記・一般





                雨の、その向こう側の空は、きっと星空。
                狂っているのに、またたいている。

                なにかがはじまりそうな、そんな夜。
                | 庄司信也 | - | 22:19 | - | - | - | - |
                in the rain
                0
                  JUGEMテーマ:日記・一般




                  こんな雨の日の夜には@東京
                  | 庄司信也 | - | 21:40 | - | - | - | - |
                  ドラゴンデイズ
                  0
                    JUGEMテーマ:日記・一般




                    八月ももう終わろうとしている。
                    うだる暑さは遠のき快適を取り戻すのは嬉しいが
                    八月の息子としては、寂しいかぎり。


                    先日、やっつんのパーティーでDJを松本素生くんとした。
                    友達や先輩・後輩がたくさん居て、なんか、
                    各々で約束して会う、のではなく
                    せーの!で会えるから、なんか、
                    こう言っちゃアレなんだけど、便利やw

                    最近自分でもイベントやってないな〜、やりたいな〜
                    とは思うのだが、なかなか腰が重い。
                    やったら絶対愉しいと思うのだけれども。


                    いよいよ今週の金曜日は山中湖でandymori最後のライブ。
                    自分でもどんな気持ちになるんだろうかと思っている。


                    そして今日、夜明ケマエは新代田feverでライブ。
                    | 庄司信也 | - | 11:37 | - | - | - | - |
                    LUV MASTER
                    0
                      JUGEMテーマ:日記・一般


                      一昨日、伊豆の方に出掛けていた。
                      妻と娘たちと義兄、義母と。

                      海で子供たちと遊んだ。
                      スイスイと水の中を泳いでいたので、
                      日焼け大丈夫かなあ、なんて思っていたんだけど、
                      背中と肩、やっぱりヒリヒリしてしまっていた。

                      僕は見た目とは裏腹に肌が激弱なので、
                      やけどみたいになる。
                      なんだか男らしくなくて、ちょっと嫌。

                      肌の弱めな男w

                      伊豆で一泊し、静岡から一路→新木場へ。

                      UKプロジェクトのイベントUKFCへお邪魔した。

                      銀杏BOYZとGOING UNDER GROUNDの松本くんの音楽を聴きに。

                      ふたりは僕の友達なんだが、そっか、僕等のこの世代や年齢は
                      もはやベテラン枠なんだな〜と思っちゃうくらい、説得力満載な
                      ステージだった。

                      特に印象に残っていたのは、銀杏BOYZがユニコーンの
                      「すばらしい日々」をカバーしていたことだ。

                      僕もこの曲、元々凄く好きだったんだけど、
                      峯田君が歌うことによって、聴こえ方が違って響いた。

                      なんていうか、

                      「わあ、この曲、こんな曲だったんだ!」

                      と再発見できたというか、歌詞が立体的に身体に入ってくるというか。

                      これは当時、ユニコーンが最後に発表した曲だった。


                      サビの

                      君は僕を忘れるから そうすればもうすぐに君に会いに行ける。


                      この歌詞の一節がとても印象的だった。

                      友達と話をしていて、この歌詞は
                      対・人との関係値が、フラットになっていく様を描いているんだろう、
                      という話に成った。
                      おそらく、当時の民生さん自身が人に対して
                      思っていたことだったんじゃないだろうか。

                      dope。

                      松本さんは流石の出オチで、個人的には最高でした。

                      一曲目に演ったバンド創世記時代の曲、

                      「思春期のブルース」。

                      最前列で松本くんと一緒に歌っていた男の顔が
                      焼き付いて離れない。


                      そんなスタジオコーストで初売り!な、銀杏BOYZのTシャツとバッグを作りました。




                      光のなかに立っていてねtee。
                      川島小鳥くんの写真です。
                      謎の左側の縦黒ラインがこだわりです。









                      BEACH tee。
                      村井香ちゃんの写真ベースです。
                      真ん中からスパッと一刀両断してます。
                      このアルバムから受けた印象を落とし込みました。



                      ミノケン画伯の絵をベースにしてます。
                      ボディの下部に絞り染めをカマしています。
                      かわいいかな、と思って作ってみました。
                      女の子とか似合いそうだな〜。



                      こちらもミノケン画伯の絵をベースに。
                      この黒に黒、なタモさん的キャラのプリントの再現がむずかったす。。。
                      ※ ちなみに峯田氏が一番お気に入りのキャラ/イラストみたいです。


                      昨日先行販売だった様でしたが、
                      これからオフィシャルHP上でも販売するみたいですので、チェックしてみてください。


                      で、新木場を後にし、千葉LOOKまで。

                      andymori/HINTOとのツーマン。

                      残すところ、andymoriとしてのライブは後ひとつ。

                      29日のSLS。

                      SLSとandymoriのコラボレーションアイテムも出現したので、こちらも是非チェックしてみてください。

                      お盆を過ぎると、もう夏もすぐ終わりです。
                      どうぞ今年も皆さんにとって、良い夏でありますように。





                      | 庄司信也 | - | 15:40 | - | - | - | - |
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      282930    
                      << September 2014 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE